新しい決済システム 2020

昨年2020年も、新しいタイプの決済システムが色々生まれました。 昨年以前に生まれたものも含まれるかもしれませんが、使ってみたものをまとめてみます。 ローソン スマホで簡単 レジ待ち0秒!新しいお買い物のカタチ|ローソン研究所 個人的には、このタイプが広まるとよいなと思います。 セルフレジも結局行列になったりするわけですが、このタイプだと、行列とは無縁なわけです。 多くの人の心配は、万引きしたいという気持ちよりも、万引きを疑われたくないということだと思うのですが、最後に店舗設置機にバーコードをかざすことで「ありがとうございました」という音声が流れることで、その不安を取り除いてくれます。 もっとも、そこが行列になるような場面に出会した(でくわすってこういう漢字なんだ・・・)ことはないですが、利用者が増えるとそういうリスクもあるとは思いますので、もう一工夫できるかもしれません。 お店側の負担も少ないと思われるのも、よいと思うポイントです。 TRIAL トライアル スマートレジカート トライアルレジカート | TRIAL -トライアル- 買い物体験として楽しさがありました。 直接クレジットカード等ではなく、プリペイドカード経由なのが、ちょっと我が家から遠いという事情の下では嬉しくないですが、まあしかたないか。 最初にプリペイドカード会員登録が必要 最初にプリペイドカードと連携させてから買い物スタート 商品バーコードスキャン 広告表示やクーポン等のプロモーションもできる 最後に店員さんのチェックが入る(いくつかのパターンがあるかも?) JR高輪ゲートウェイ駅 TOUCH TO GO 高輪ゲートウェイ駅 無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」がサービス開始 商品は手に取るだけ!“ウォークスルーの次世代お買い物体験” 店舗デザイン含めて未来感が良いです。 オール無人ではなくて、よくコンビニにあるセルフレジの代わりにこれが置いてあると、だいぶ会計の流れがスムーズになるような気がしますが、どうでしょうか。 オープン前の下見時 SORRY・・・入店制限あり TOUCH TO GO オリジナル商品 決済時は取った商品が自動表示される 今後行ってみようと思う店 イオン レジゴー イオンリテールは3月より、“レジに並ばない”お買物スタイル「レジゴー」本格展開|イオン株式会社のプレスリリース トライアル方式よりは店舗負担が少なそう。 カスミ Scan&Go USMH/カスミ本社に無人店舗「カスミラボ」スマホで商品登録・決済 | 流通ニュース この記事を見て、つくばまで行こうと思っていたのですが、もうかなりの店舗に導入されている模様。 U.S.M.H公式アプリ Scan&Goのご紹介! 我が家から徒歩圏内の店でもやっているので、行ってみることにする。

初めての Hugo

経緯 これまで、あちこちで駄文を積み重ねてきました。 最初は、ソネットで、無料ホームページを作成し、1999年当時はブログというものはなかったため、日記的なメモを書いていました。 これは、現在は、xdomainに置いています。 いまだに参照できるのはありがたいことです。 select * 2003年12月、Niftyと契約したこともあり、ココログでブログを始めました。 その後、契約をやめる2014年まで継続したものを、ブログ契約だけは継続し、情報を残しています。 一プログラマのラグジュアリーな生活Ⅱ ココログは残したものの、WordPressを使ってみたいという欲求が出てきたことで、新たにブログを立ち上げました。 一プログラマのチャイニーズな生活 データは引き継いでいるので、2003年情報から残っており、2018年12月まで書いていました。 今度は、サイトをSSL化したいという欲求と、合わせて、たまたまだったと思いますが、GCPの無料枠でWordPress環境を構築できるという情報を見て、GCPへの移行を行いました。 Programmers Office これが直近のサイトですが、GCPの無料枠では若干遅さを感じるのと、原因はわかっていませんが、何度やっても Google AdSense 申請が通らない(前のサイトでは通っているので内容ではないと思われるが、その後の記事に問題があるのか)。 そしてこれが決定打ですが、無料ドメインサービス freenom の 無料での更新ができない(本来、無料枠での1年以内での更新期間の選択肢が出てくるはずなのですが、有料枠のの1年以上の更新しか出てきません。これも原因不明)。 ということでさらに別の移行を検討してみたところ、WordPressからの移行記事を見たということで、Hugoを試してみようか、ということにしました。 謝辞 以下のサイトに大変お世話になりました。 HUGOのテーマ「Mainroad」の設定方法を紹介 Hugo によるブログ作成と mainroad テーマのカスタマイズ GitHub Actions による GitHub Pages への自動デプロイ

React にも入門

浮気症は治らず、今度は React にも手を出してみます。 React のチュートリアル まずはチュートリアル。 チュートリアル:React の導入 が、始めようとすると、ちゃんと JavaScript は抑えてねと。 なので、先にこちら。 JavaScript 「再」入門 Next.js のチュートリアル それぞれ、特に問題なく終了したので、すかさず Next.js に入ります。 大幅にリニューアルされた Next.js のチュートリアルをどこよりも早く全編和訳しました 途中、下記のエラーに悩まされました。 Failed to compile ./lib/posts.js Module not found: Can't resolve 'fs' in '/Users/konnokiyotaka/workspace/ReactTutorial/nextjs-blog/lib' 色々情報漁りましたが、結局は getStaticProps が getStaticprops になっていたのが原因。(大文字小文字) configに "fs": false を書くとか、 target: ‘node’ を書くとか不要でした。 getStaticProps は サーバサイドでのみ 実行される! 覚えておきましょう。 デプロイのところも、みんな Git は普通に使えるよね、というトーンなので、若干調べながらになりました。 こんな感じになりますね。 git checkout -b test1 # (いくつか変更を加えて、GitHub に push する) git push origin test1 TypeScript への変換は、まあそんな感じかということで途中でやめてしまいました。 が、やはり TypeScript の方が良いよなとは思っています。 git mv components/date.

【Udemy】超Vue JS 2 完全パック – もう他の教材は買わなくてOK! (Vue Router, Vuex含む)

Vueを一度基本から勉強しようということで、いろいろ探して、これにたどり着きました。 超Vue JS 2 完全パック – もう他の教材は買わなくてOK! (Vue Router, Vuex含む) 以前、AWSの講座を受講した時も、感じましたが、I am Now AWS Certified ・本題以外の技を見せてもらえることがある。 ・再生速度を上げて時短できる ・やはり動く様子を見られるのは良い など、本を読んだり、教室で受講するのとは違った良さがあります。 また、無料のものをあれこれ探して回り道するくらいなら最初からこれ受けとけばよかった、という気持ちにもなりました。 ※ただ、Udemyであれ他であれ、全ての講座が良いとも思えないので、審美眼(審技眼?)は必要ですね。 以下は、単なるメモです。何の役にも立たないと思いますが、自分用です。 受講時のメモ https://jsfiddle.net/ !tab インスタンス内の属性にアクセスする際にthis v-once v-bind : v-onの引数となるDOMイベント一覧 イベントリファレンス $event イベント修飾子 stop prevent v-on @ 算出プロパティ computed property ウォッチャ 配列は第2引数がインデックス オブジェクトは第2引数がキー data: の中がリアクティブ(getter,setterがインスタンス作成時に作成されるから) === 型も値も一緒 div.#3 ↓ VNode 仮想ノード コンポーネントのグローバル登録 main.jsでVue.conponent

Realworld app – VueJS and Typescript

今度はTypescript https://github.com/gothinkster/realworld-starter-kit Part 1 : Introduction and Vue CLI Setup $ vue create realworld-vue-ts vue-class-component create component の代わりに@Component vue-property-decorator @Propなど vuex-module-decorators @module $ yarn serve 今回はyarn派なんですね $ yarn add vue-property-decorator $ yarn add vuex-module-decorators Part 2 : Templates and Styling router.ts がなくなっていて、router/index.ts VSCode command + D で複数選択 Part 3 : Vuex and API Access https://github.com/gothinkster/realworld/tree/master/api json to ts https://jvilk.com/MakeTypes/ $ yarn add axios axios npm JWT JSON Web Token

Vue JS Crash Course

こちらのコースをやってみました。以下、単なるメモです。 Vue JS Crash Course https://github.com/bradtraversy/vue_crash_todolist node10の頃 Vue CLI インストール https://cli.vuejs.org/guide/installation.html $ npm install -g @vue/cli $ vue --version @vue/cli 4.3.1 4なんだ・・・ $ vue create test いっぱいエラー出てるけど・・・ $ cd test $ npm run serve 開きました cd .. vue ui Vue プロジェクトマネージャ 画面が自動で立ち上がる http://localhost:8000/project/select 現在のフォルダのまま(testが表示されているフォルダ) vue_crash_todolist 他はデフォルト ↓ デフォルトプリセット ↓ インストール完了すると、「プロジェクト ダッシュボード」ページが表示される ダッシュボード画面 プロジェクトタスク画面 main.js がエントリポイント アロー関数(=>)の復習などしながら(けど、render: h => h(App) はやはり難しいと思ったら下記でなんとなく分かった!)、App.vue の仕組みの説明。 Vue.jsのrender: h => h(App)について調べた style記述は、上記のgithubからもらってくる。 Component「Todos.vue」を作って、App.vueで読み込む。 v-bind https://jp.vuejs.org/v2/guide/class-and-style.html

Nuxt JS beginner tutorial

もう一度、Nuxt の勉強をしようということで、上記チュートリアルを一式やって見ました。単なるメモです。 1 Nuxt JS beginner tutorial – In Depth Intro to Nuxt.js | SPA, SSR, Static Site, Vue.js Family What is Nuxtjs? Why Nuxt.js is so good? What Nuxt.js can do? What Nuxt.js Includes How single page application works? How static site generation in nuxt works? How universal application is created in nuxtjs? 2 Nuxt JS beginner tutorial – Getting Started with NuxtJs | How to setup Nuxt Project 始める前に、Docker環境を作る

TruffleBoxs 入門

改めて勉強しようと考えたときに、TruffleBoxs が良いのではと思い立ちました。 まずは、純粋に TruffleBox (React&Truffle)を用いたDockerでのdapps(ブロックチェーンアプリ)の開発環境の構築 https://qiita.com/dl10yr/items/26b106d27a2de87da131 こちらをなぞらせていただきます。 いきなり、DockerFile の配置場所の絵と、docker-compose.yml の記述が食い違い?? docker-compose.yml の記述に合わせて、truffle フォルダに配置します。 Dockerfile のfは小文字で $ docker-compose build $ docker-compose run truffle truffle unbox react Docker 側からアクセスできるように、Ipアドレスを追加するところ。 まずは、事前確認。 ifconfig lo0: flags=8049 mtu 16384 options=1203 inet 127.0.0.1 netmask 0xff000000 inet6 ::1 prefixlen 128 inet6 fe80::1%lo0 prefixlen 64 scopeid 0x1 nd6 options=201 ・・・ 変更 sudo ifconfig lo0 alias 10.200.10.1/24 事後確認 ifconfig lo0: flags=8049 mtu 16384 options=1203 inet 127.0.0.1 netmask 0xff000000 inet6 ::1 prefixlen 128 inet6 fe80::1%lo0 prefixlen 64 scopeid 0x1 inet 10.

「試して学ぶ スマートコントラクト開発」を読みながら

良い本なのは間違いないです。 ただ、途中で行き詰まってしまったので、最後までガッツリとは作りきれませんでした。 試して学ぶ スマートコントラクト開発 新品価格 ¥3,839から (2020/3/22 14:57時点) きっかけ 最近、ふとブロックチェーンの勉強をしてみようと思い立ち、CryptoZombieshttps://cryptozombies.io/jp/をやってみて、分かったような分からないような気分だったので、もう少しちゃんと勉強しようと調べてみました。で、当然色々なサイトがありますが、何も基礎がない状態だと、もう少ししっかり書かれているものがないかなと言う気持ちになり、この本に出会いました。 この本はQUESTというアプリを作った経験を踏まえて書かれているようです。 で、残念ながらQUESTは現在動いていないよう(単に証明書入れていないだけ?)なのですが、こちらでその概要が分かります。 https://speakerdeck.com/norinity1103/quest-tutorial すなわち、セミナーとか講座とかで、質問してくれた人に仮想通貨で報酬を与えることで、場を活性化させるみたいなことを狙っているようです。 この内容が自分の関心があるところでもあり、これの簡易版でも作れたら良いなと思いながら始めました。 本の序盤 そもそも仮想通貨の購入等もしたことがない状態からのスタートですので、この本でも最初の基礎情報と、METAMASKウォーレット作成から始まる構成は大変助かりました。 なお、テストネットでEther取得を行いますが、最初Ropstenの取得に失敗しました。今改めてやってみたらできたので、何かやらかしたかもしれません。 本の中でも、CryptoZombies をやってみる章があります。 これは、本当は、CryptoZombies のWeb環境ではなく、自分の環境でやってみたいと思うのですが。もう少し理解が進んだらできるようになるのでしょうか。 そんなこんなで、Solidityという言語と、スマートコントラクトと言うものを学びます。が、正直、現段階でも、要はこう言うこと、という腹落ちした状態にはなっていません・・・ また、Remix という、イーサリアム開発用のWeb IDE が紹介されます。 これも良いなと思ったのですが、その後の開発は必ずしもそれを使用するわけではないので、まあ、参考情報という感じです。ちょっと見た目も変わっていて、Compileタブどこ?となります。 その次は、プロダクトデザインの考え方(UX)の章になります。 ジャーニーマップとか、ユーザテストとかの考え方が、丁寧に書かれています。 開発環境 Chapter 4 あたりからが本題。 開発環境として書かれているのが、 ・Docker ・Geth ・Ganache ・Node.js ・Truffle ・Git ・VSCode 実践型の環境と感じられます。 そして、開発用ブロックチェーンをプライベートネットとして構築します。 これをやっているときに一つエラーが発生。 geth --datadir ~/private-net --nodiscover --maxpeers 0 init ~/private-net/genesis.json とやると INFO ・・・ Fatal: Failed to write genesis block: unsupported fork ordering: eip150Block not enabled, but eip155Block enabled at 0 https://ethereum.

2020年1月 台北旅行

旅行の記録も残しておきたいのですが、行って満足して終わってしまうのですよね。 この3連休で台湾に行く予定にしていましたが、コロナウイルスの影響が怖く、キャンセルしてしまいました。 台湾以外にも色々行っていますが、いったん直近の台北の記録をまとめておきます。 インフォメーション 飛行機 往路 ピーチ・アビエーション · MM627 2020年1月3日 22:20 NRT 成田国際空港 T3 2020年1月4日 01:45 TPE 台湾桃園国際空港 T1 復路 ピーチ・アビエーション · MM620 2020年1月6日 02:30 TPE 台湾桃園国際空港 2020年1月6日 06:35 NRT 成田国際空港 夜の桃 以前、金曜夜に会社から直行し月曜朝に直接出勤とか、日帰りとかやりましたが、今回も1泊4日のなかなかの強行日程。 帰りの便が整備・燃料の問題で大幅に遅れて会社遅刻になってしまいましたが、宿泊料を抑えて最大限満喫しようとしたらこれがmaxではないでしょうか。 最近は航空券はTrip.comに依存しています。 (Trip.comもアフィリエイトやってますね。海外のアフィリエイトサイトを経由するようなので、気が向いたらやってみよう) ホテル 一方ホテルはトラブル発生。 最初は、桃園近くのMRT環北駅付近で探して、友人から勧められたホテルは満室だったため、値段重視で、Expediaでグッド ナイト ホテル (晚安旅店)というホテルを予約しました。 ところが、予約後に表示されるページからリンクされる地図は全く違う場所。MRT環北まで来て、だいぶ歩いて、さらに電車で2駅。あるいは環北から車で30分近く。確かにキャンセル不可の予約でしたが、これはそもそもの前提が違うという事で、メールしたり電話したり。なかなか理解してもらえず出発まで結局決着は付きませんでしたが、旅行中にキャンセル通知が入ったので、とりあえずよかった・・・と思って、公開するのもやめておこうかと思ったのですが、今見てみても予約前のページの情報は書き換えられていない。少しでも被害者を減らすために公開してしまいます。 結局ホテルもTrip.comで、たまたまですが、以前(杨丞琳演唱会https://www.programmers-office.ml/%e6%9d%a8%e4%b8%9e%e7%90%b3%e6%bc%94%e5%94%b1%e4%bc%9a/)も泊まったサントス国際観光ホテル(台北三德大飯店)。激安ではないですが、そこそこの値段できれいです。 移動 夜中に空港について、台北へ移動。事前情報では夜中でもバスがあるという事だったのですが、バスの窓口は松山行きの窓口しか開いてなく、台北行き6時の文字が目に入って、あれ?と思い、400元のタクシーに乗りそうになりましたが、よく見てるとちゃんと2:30、2:50のバスもある。140元で台北に移動しました。 今回の主目的は、桃園国際棒球場でのコンサート。MRTで行くと空港よりも先ですが、検索して見ると、高鉄(新幹線)で行ってもそんなに料金は変わらず、だいぶ早いので、そちらにしました(台北から行って、空港、棒球場、高鉄桃園、という順番です)。帰りは混むと思ってMRTにしましたが、やはり遠いですね・・・ 両替 以前のお金が残っていたので、空港では両替せず、街に向かい、誠品書店内のATMでキャッシングしました。 クレジットカードキャッシング 5000 18105