船橋遠足散歩202109

色々買いていることをまめに残さないと、どこに何を書いたかわからなくなっている。 Facebookに載せた写真を転載。 2021年9月10日。遅めの夏休み。やっと晴れてくれたので、遠足へ。 往復10kmちょっと。 最近とあるブログサイトを見てから、商店会・商店街の街灯が気になってます。 どれも主張が強い。 高根台団地は、遠目にはきれいにカラーリングしましたが、個人的にはちょっと痛々しさを感じたり… テラス型。形のタイプが色々あるのも特色かな。 いい感じの街灯 奥に見える精米所。低温精米というのは素晴らしい技術なのだろうか? 陸上部の練習で3kmコースのときは一つの山場だった坂道。こうしてみると大したことないのだけど… この川(木戸川)は終点が海じゃない気がする。貯水池?けどそこから暗渠で高根川に繋がっているのか?? こういうときにもラッシュガードを活用すべきだった。先日買ったばかりだったのに。 鳥もいるし猫もいるしバッタもいるし 子供の頃はこの崖を滑り落ちて遊んでた。 大穴川が木戸川に合流する。 大穴側の源流はどこだ・・・?? ふと気になって上がってみると… 謎の巨大施設。 ・・・給水場だそうです。 え?ここから幕張本郷とか谷津まで給水するの?! https://www.pref.chiba.lg.jp/suidou/jousui/shisetsu/kyuusuijou.html そして我が家は、ブレンド水を飲んでいた。 https://www.pref.chiba.lg.jp/suidou/jousui/shisetsu/documents/haisuikeitouzu.pdf 汗拭い空仰ぎ見る栗青し 憩いの場が作られ、メンテされている。 水遊びにも配慮。まさか洗濯用ではあるまい。

Supercity

「スーパーシティ型国家戦略特別区域の区域指定に関する専門調査会」という政府の専門家会議が2021年8月から開催されています。 https://www.chisou.go.jp/tiiki/kokusentoc/supercity/supercity_senmonchyousakai.html 第1回の議事録はこちら https://www.chisou.go.jp/tiiki/kokusentoc/supercity/senmonchyousakai/dai1/shidai.pdf 自作アプリの方が多少見やすいでしょうか(単なる宣伝) https://polilink-web.netlify.app/council/cc6684f2-eb22-4d1c-b078-39ec8a2d28b5/8a562566-955b-4a4a-82b3-6472e8823922/ 以前は、「『スーパーシティ』構想の実現に向けた有識者懇談会」というものも開かれていました。 https://www.chisou.go.jp/tiiki/kokusentoc/supercity.html https://polilink-web.netlify.app/council/a963c26a-aa93-4abf-aef7-0d2cc929e3fb/ その後、実際に2021年4月に公募があり、それを受けての会議となっています。 議事を見ると、大きなテーマが岩盤規制改革だと分かります。要するに、国家連略特区という枠組みの中で(それを活用して)、都市のスマート化を進める、ということのように思われます。違う言い方をすると、スマートシティは色々あるけど、特区というに値する岩盤規制破壊を行うものを特にスーパーシティとして支援する、という感じでしょうか。 この岩盤規制とは何か。以前の会議で副座長を務めた、原英史さん(株式会社政策工房)が書かれている、こちらの記事表がわかりやすいかと思います。 https://www.fsight.jp/articles/-/47308 ということで見てみました。 ・・・感想としては、結局外資・大企業の力による効率化としか思えなかった・・・ 地域社会が求めるものはそれ?それを求める人は東京に移っているのでは。 ならば、東京でやれば良いのでは?本当はオリパラに絡めて、色々やりたかったのでしょうけど、それも中途半端な延期によって、中途半端な効果しか得ていないような気がしますが・・・ そもそも、戦略特区の目的は、「“世界で一番ビジネスをしやすい環境”を作ること」だそうです。 https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kokkasenryaku_tokku2013.html その目的のために、地域を限定して実験しようということですが、地域が持っている課題の解決とこの目的の達成とが、そもそも近くないように感じられます。 地域の課題とは何か。 田舎暮らしだと、医療、モビリティ、困っているような気はします。けど、それは規制のせいではないようにも思います。単純に、人が少ないから、その人たちを相手に商売しても自分が暮らしていけない。 仮にそこにビジネスをしやすい環境が生まれたとして、結局そのビジネスのお客様は、その地域の住民ではなくなる気がします。 文化、これは地域差があると思う。大阪と東京でさえ差はあると思う。(30年前に暮らしてたときの大学生としての感想なので、今の現実は別かも) 例えば、我が父のふるさと宮城県登米市に映画館はなさそう。 ならば、人を集めて1000円の入場料取って上映会をやろうとしたら、これは規制される(というか色々面倒くさい)。こういうのは崩すと良いかもしれない。 特区を各地域に作るなら、その地域の課題を解決することが必要であり、それを阻害している規制があるなら、それを崩すことを考えた方が良いだろう、ということです。 そして、それを行うにあたっては、そもそもそれぞれの規制の趣旨に遡って考える必要がある。その規制は、何を保護するために存在したのか、保護は不要になったのか、違う形の保護のほうが良いのか… そう考えると、今まで保護されてきた人たちに影響が及ぶわけなので、その人たちとの合意プロセスが必要になる。 このプロセスがセットになっていないと、それは反対されるでしょうという話。 その意味で、素人ながら、上記原英史さんの記事は怖い。 例えば、クリーニングの例。対面受け渡しという規制がなぜ行われているか。衛生管理という面からしか書いていないが、実際は、トラブル防止の観点が大きいように思われる(受け渡しの時に、シミとか穴の確認しますよね)。けど、多分こういう議論の中で、「衛生管理」を強調してしまうと、その観点だけで検討がされて、その場が終わってしまいかねない。トラブル対応に苦慮している関係者と合意しようとしないで、一方的に進めようとして、それに対する長老の反対電話があってストップする、何をしているのだろうと思わざるを得ない。 加計学園問題、利益誘導が問題になっているという認識があるのに、根拠不明と言う。もし、獣医学部が西日本地域に必要というなら、その根拠(需要?)に基づくのと同時に、高度専門職業人養成が可能な仕様を作り上げて、公正な入札を行えば良かったわけです。特区関係ありますか?? 「規制改革をやって、またあらぬ疑惑追及を受けたら堪らない」?公正・オープンで解決できると思います。 主題が変わってきてしまいましたので、この辺で。

Worldcup2018

FBの「思い出」によると、3年前の今日は、ワールドカップ日本対ベルギーの日だったそうで。 こちらにも転載してみようと思います。 過去のこの日〜3年前 ちょっと語りたいモード。 ワールドカップ2018日本最終戦、個人的には最高の結末でした。 先制点、原口元気。 まずはこちらのビデオをご覧ください。当時たまたまこの番組をリアルに見てました。 https://youtu.be/4uRI_eBYGRU?t=2m21s この2分21秒からとか、4分55秒からとか、どうですか! 小学生時点で天才ぶりを発揮している姿に惚れ込んで以来、ずっとファンです。 Screenshot 写真は浦和ユース時代(向かって右)。 この怪物がいつかワールドカップで活躍した時に自慢しようと思って撮っておいた写真です! そして今日ワールドカップ決勝トーナメントで、先制点を挙げるという快挙を成し遂げました。予選でも活躍してきましたし、出場できたのは原口のおかげだろ、くらい思ってますが、本戦、しかも決勝トーナメントはやはり格別です。 ゴールの瞬間、一人でテレビ見てて、「あうっ」と変な声が出ました。 もうこの時点で、結構満足でした。 続いて乾。 まずはこちらのビデオ。 https://www.youtube.com/watch?v=tfhqBXOMIW4 高校サッカー(というかユース世代のサッカー)を見るのが好きですが、乾を擁して優勝した野洲高校は、ずっと見てきている中でも最高の高校サッカーでした。 強さなら平山の頃の国見かなとか、感動なら市船のあの試合とか、色々ありますが、高校生に、いや日本人にこんなサッカーできるんだという衝撃があの年の野洲にはありました。セクシーフットボール、まさに!です。 ※「セクシーフットボール」が「半端ないって」に続いてバズるかと思いましたが、スルーだったのは残念。 今回、大迫、柴崎ら、高校サッカー組が輝きを見せてくれました。 そして、乾が、その輝きを完成させるかのように、まさに個人技の極みのようなシュートをグループリーグ含めて2発決めてくれて、もうこれで満足完成です。 そして、ここで負けてくれて、ちょっとホッとした自分がいます。 あまりにも結果オーライすぎて・・・これ以上は自重。 あとは、ブラジルvsクロアチアの決勝を期待してます~ 振り返って その後、クロアチアは予想通り勝ち上がりましたが、ブラジルはベルギーに敗れ、ベルギーはフランスに敗れ、フランスが優勝したのでした。彼は表記が多すぎてなんと呼んで良いかわかりませんが、エムバペ、当時19歳で決勝戦でもゴールを挙げました。 現在22歳ですから五輪参加資格はあるわけですが、早々に不参加を決めていたたようで。 しかも、フランス五輪代表メンバー選考はもめてるようですね。 五輪、サッカーは見たいですけど、五輪自体本当にやるの?という気持ちは拭えません・・・ 先の転載の最後の部分、自重したのは、ハリルホジッチ監督の話です。 ここまで書いて、他の場所でも転載していたことを思い出しました。 まあいいや。

救命

ご無沙汰になってしまいましたが、ちゃんと整理して書いた文章は後から読んで面白いので、普段書き散らしているものをこちらにまとめておく、ということはしておこうと思います。 救命―東日本大震災、医師たちの奮闘― 救命―東日本大震災、医師たちの奮闘― 今年は、2011年(平成23年)3月11日の東日本大震災から10年目。 それと関係なく、いつ買ったかも忘れたくらい前に買った本でしたが、今年に入って読みました。 震災時に尽力した医師たちのインタビュー集とでも言ったもの。2014年発行。海堂尊監修。 海堂尊さんの代表作というべきチーム・バチスタの栄光については下記でも書いていますが、 チーム・バチスタの栄光 他も、ほとんど読んでいる状態です。 ジェネラル・ルージュも格好良かった。 ジェネラル・ルージュの凱旋 尾身茂さん登場 本書で最初に登場するのは、南三陸志津川病院で働いていた医師。親戚のおばさんも通っていた病院ですから、いきなり引き込まれました。その他の医師たちも個性派揃いで、面白いです。 その最初の医師の言葉の中で、唐突に尾身茂医師の名前が登場します。なんの注釈なしで出しても不自然じゃないというくらい、名の知られた、優秀な医師だったんだなと思いました。 「だった」、二通りの解釈ができる言葉ですね。 過去は優秀だったけど、今はそうでない。 優秀ということを、自分は知らなかったけど今知った。 どちらかは敢えて書きません。 オートプシー・イメージング(Autopsy imaging、Ai) 海堂さんの本ですから、いつ出てくるのかと思っていたら、後書きで出てきました。 「チーム・バチスタの栄光」が2006年。震災のあった2011年、それこそ、多数の死者の情報を調べるためには大きな武器となって良ささそうに感じますが、活用されなかった。本書の文庫版が出た2014年でも、海堂さんは怒りをぶちまけている。 正直、なぜこれが広まらないかが、部外者から見ると全くわからないです。 後書きで示唆されているのは、警察組織のプライド? 必要な死後解剖はできる、やっている、ということでしょうか。 分からなくもないですけど、他にやることいっぱいあるでしょう、という感想です。 赤十字社への寄付の活用 さらに重たい話が出てきました。 素人でも想像できるように、市民の善意は日本赤十字社に寄付として託されることが多いと思うのですが、多額の寄付を集めながらそれが活用されずに留保されているという話。 2021年のコロナ禍対策として確保されている予備費が執行されずにいるという件とも繋がるような… 復興予算の流用 もっと重たい話。復興予算という名目に反して、結局直接的な目的とは異なる分野に流用されたという話。 2013年の記事 2021年の記事 使えるものは使おう、と考えるのはある意味自然な話。けど、それをコントロールするのが政治の仕事。そもそも、復興という状態が曖昧なのはおくとしても、現時点で復興完了と考えるかの認識は問われる。 2021年4月時点で、郡山市の仮設住宅はまだ3戸残っている。 https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/life/553030_1500410_misc.pdf 2月時点で、宮城県の復旧・復興事業369箇所のうち、完成は259箇所。 https://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/837289.pdf ・・・ 後書きの中で、ええじゃないか、という言葉も使われていましたが、これからオリンピックというお祭りの中で、まさに狂乱の世界に入っていくのか・・・

新しい決済システム 2020

昨年2020年も、新しいタイプの決済システムが色々生まれました。 昨年以前に生まれたものも含まれるかもしれませんが、使ってみたものをまとめてみます。 ローソン スマホで簡単 レジ待ち0秒!新しいお買い物のカタチ|ローソン研究所 個人的には、このタイプが広まるとよいなと思います。 セルフレジも結局行列になったりするわけですが、このタイプだと、行列とは無縁なわけです。 多くの人の心配は、万引きしたいという気持ちよりも、万引きを疑われたくないということだと思うのですが、最後に店舗設置機にバーコードをかざすことで「ありがとうございました」という音声が流れることで、その不安を取り除いてくれます。 もっとも、そこが行列になるような場面に出会した(でくわすってこういう漢字なんだ・・・)ことはないですが、利用者が増えるとそういうリスクもあるとは思いますので、もう一工夫できるかもしれません。 お店側の負担も少ないと思われるのも、よいと思うポイントです。 TRIAL トライアル スマートレジカート トライアルレジカート | TRIAL -トライアル- 買い物体験として楽しさがありました。 直接クレジットカード等ではなく、プリペイドカード経由なのが、ちょっと我が家から遠いという事情の下では嬉しくないですが、まあしかたないか。 最初にプリペイドカード会員登録が必要 最初にプリペイドカードと連携させてから買い物スタート 商品バーコードスキャン 広告表示やクーポン等のプロモーションもできる 最後に店員さんのチェックが入る(いくつかのパターンがあるかも?) JR高輪ゲートウェイ駅 TOUCH TO GO 高輪ゲートウェイ駅 無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」がサービス開始 商品は手に取るだけ!“ウォークスルーの次世代お買い物体験” 店舗デザイン含めて未来感が良いです。 オール無人ではなくて、よくコンビニにあるセルフレジの代わりにこれが置いてあると、だいぶ会計の流れがスムーズになるような気がしますが、どうでしょうか。 オープン前の下見時 SORRY・・・入店制限あり TOUCH TO GO オリジナル商品 決済時は取った商品が自動表示される 今後行ってみようと思う店 イオン レジゴー イオンリテールは3月より、“レジに並ばない”お買物スタイル「レジゴー」本格展開|イオン株式会社のプレスリリース トライアル方式よりは店舗負担が少なそう。 カスミ Scan&Go USMH/カスミ本社に無人店舗「カスミラボ」スマホで商品登録・決済 | 流通ニュース この記事を見て、つくばまで行こうと思っていたのですが、もうかなりの店舗に導入されている模様。 U.S.M.H公式アプリ Scan&Goのご紹介! 我が家から徒歩圏内の店でもやっているので、行ってみることにする。

React にも入門

浮気症は治らず、今度は React にも手を出してみます。 React のチュートリアル まずはチュートリアル。 チュートリアル:React の導入 が、始めようとすると、ちゃんと JavaScript は抑えてねと。 なので、先にこちら。 JavaScript 「再」入門 Next.js のチュートリアル それぞれ、特に問題なく終了したので、すかさず Next.js に入ります。 大幅にリニューアルされた Next.js のチュートリアルをどこよりも早く全編和訳しました 途中、下記のエラーに悩まされました。 Failed to compile ./lib/posts.js Module not found: Can't resolve 'fs' in '/Users/konnokiyotaka/workspace/ReactTutorial/nextjs-blog/lib' 色々情報漁りましたが、結局は getStaticProps が getStaticprops になっていたのが原因。(大文字小文字) configに "fs": false を書くとか、 target: ‘node’ を書くとか不要でした。 getStaticProps は サーバサイドでのみ 実行される! 覚えておきましょう。 デプロイのところも、みんな Git は普通に使えるよね、というトーンなので、若干調べながらになりました。 こんな感じになりますね。 git checkout -b test1 # (いくつか変更を加えて、GitHub に push する) git push origin test1 TypeScript への変換は、まあそんな感じかということで途中でやめてしまいました。 が、やはり TypeScript の方が良いよなとは思っています。 git mv components/date.

【Udemy】超Vue JS 2 完全パック – もう他の教材は買わなくてOK! (Vue Router, Vuex含む)

Vueを一度基本から勉強しようということで、いろいろ探して、これにたどり着きました。 超Vue JS 2 完全パック – もう他の教材は買わなくてOK! (Vue Router, Vuex含む) 以前、AWSの講座を受講した時も、感じましたが、I am Now AWS Certified ・本題以外の技を見せてもらえることがある。 ・再生速度を上げて時短できる ・やはり動く様子を見られるのは良い など、本を読んだり、教室で受講するのとは違った良さがあります。 また、無料のものをあれこれ探して回り道するくらいなら最初からこれ受けとけばよかった、という気持ちにもなりました。 ※ただ、Udemyであれ他であれ、全ての講座が良いとも思えないので、審美眼(審技眼?)は必要ですね。 以下は、単なるメモです。何の役にも立たないと思いますが、自分用です。 受講時のメモ https://jsfiddle.net/ !tab インスタンス内の属性にアクセスする際にthis v-once v-bind : v-onの引数となるDOMイベント一覧 イベントリファレンス $event イベント修飾子 stop prevent v-on @ 算出プロパティ computed property ウォッチャ 配列は第2引数がインデックス オブジェクトは第2引数がキー data: の中がリアクティブ(getter,setterがインスタンス作成時に作成されるから) === 型も値も一緒 div.#3 ↓ VNode 仮想ノード コンポーネントのグローバル登録 main.jsでVue.conponent

Realworld app – VueJS and Typescript

今度はTypescript https://github.com/gothinkster/realworld-starter-kit Part 1 : Introduction and Vue CLI Setup $ vue create realworld-vue-ts vue-class-component create component の代わりに@Component vue-property-decorator @Propなど vuex-module-decorators @module $ yarn serve 今回はyarn派なんですね $ yarn add vue-property-decorator $ yarn add vuex-module-decorators Part 2 : Templates and Styling router.ts がなくなっていて、router/index.ts VSCode command + D で複数選択 Part 3 : Vuex and API Access https://github.com/gothinkster/realworld/tree/master/api json to ts https://jvilk.com/MakeTypes/ $ yarn add axios axios npm JWT JSON Web Token

Vue JS Crash Course

こちらのコースをやってみました。以下、単なるメモです。 Vue JS Crash Course https://github.com/bradtraversy/vue_crash_todolist node10の頃 Vue CLI インストール https://cli.vuejs.org/guide/installation.html $ npm install -g @vue/cli $ vue --version @vue/cli 4.3.1 4なんだ・・・ $ vue create test いっぱいエラー出てるけど・・・ $ cd test $ npm run serve 開きました cd .. vue ui Vue プロジェクトマネージャ 画面が自動で立ち上がる http://localhost:8000/project/select 現在のフォルダのまま(testが表示されているフォルダ) vue_crash_todolist 他はデフォルト ↓ デフォルトプリセット ↓ インストール完了すると、「プロジェクト ダッシュボード」ページが表示される ダッシュボード画面 プロジェクトタスク画面 main.js がエントリポイント アロー関数(=>)の復習などしながら(けど、render: h => h(App) はやはり難しいと思ったら下記でなんとなく分かった!)、App.vue の仕組みの説明。 Vue.jsのrender: h => h(App)について調べた style記述は、上記のgithubからもらってくる。 Component「Todos.vue」を作って、App.vueで読み込む。 v-bind https://jp.vuejs.org/v2/guide/class-and-style.html

Nuxt JS beginner tutorial

もう一度、Nuxt の勉強をしようということで、上記チュートリアルを一式やって見ました。単なるメモです。 1 Nuxt JS beginner tutorial – In Depth Intro to Nuxt.js | SPA, SSR, Static Site, Vue.js Family What is Nuxtjs? Why Nuxt.js is so good? What Nuxt.js can do? What Nuxt.js Includes How single page application works? How static site generation in nuxt works? How universal application is created in nuxtjs? 2 Nuxt JS beginner tutorial – Getting Started with NuxtJs | How to setup Nuxt Project 始める前に、Docker環境を作る